10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
RUN RUN RUN
 
<< I'm sleepy | main | memorandum >>
研究の方向性が定まってきました。


とりあえずは、短距離指導に関する先行研究を総洗い。

とはいえ、大した実践がなされていないのが現実。

しかも、本質的に問題を捉えられていない感が強いですな。


そもそも「何のために学校体育で陸上競技を教えるのか」

「陸上競技は何を教えるためにあるのか」

「そのために何をどのように指導しなければならないのか」


このあたりに明確な答えを見つける必要があるかと。



それに答えられないのであれば、学校体育において陸上競技は必要ない。
との結論づけになり、現状を見る限りではまさにこの状態だと感じます。

なんとなく導入され現在に至る陸上競技。

以外と根っこの深い研究になりそうです。

各国での取り扱いも洗ってみよう。
とりあえずイギリスのナショナルカリキュラムから。


時は短し、走れよ俺。



おまけ


<Donots - RUN RUN RUN >






この曲はまだデモだけどね。

タイトル通り疾走感があっていいじゃないですか。

走れ走れ走れ 俺

 
auther:すずこ, 雑記, comments(0), -, - pookmark
スポンサーサイト
 
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
Comment
 









 
 
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.